忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2018/09/20

芸術への感覚

ベイマックス。

観てきたんですよベイマックス(´ω`*)

面白かったです。何も考えず素直な気持ちで笑えたし、素直に感動出来ました。竹崎は2回泣きました。一緒に行った夏木も泣いてました。多分(´・ω・`)

少年とロボット、という組み合わせから、ドラ◯もんのような展開かな?と予想してたのですが、全然そんな感じでは無く、新鮮な展開だなーと思いました。

あ、昨年そのドラ◯もんの劇場版も観たんですけど、やっぱり泣けましたねー(;ω;)何故か秦基博の歌う主題歌はいまいちピンと来なかったのですが…(´・ω・`)

なーんかこのところ涙腺が弱くなってんのか、ちょっとしたことでほろほろ来ちゃいますね。友情、愛情、親子愛、兄弟愛、ひたむきな姿、哀れな姿、なんでも涙を誘われてしまいます(´・ω・`)


昔はね、あまり、ていうか、ほとんど感動して泣くことなんて無かったんですよ。

舞台や映画で言うなら、役者の台詞や動き、演出や脚本の意図ばかりを見て、なんかこきおろしたり嫉妬したり。

あほか。嫉妬て。

って今なら思うんですけどね。まだ年端もいかない僕は真剣に嫉妬してたんです。スクリーンの中の年の近い役者さんや声優さんに。

今でこそそんな感覚は無くなりましたけど、5、6年前はそんな風に思って芸術に触れてたんですね。もったいない楽しみ方やなぁ。ていうか楽しいんかそれ(´・ω・`)

芸術への感覚、触れ方、変わったなぁ、と思うんです。

自然体で楽しみ、自分もいいものを作るための肥やしに出来るようになった…気がする…昔…より…?(´・ω・`)(笑)

色々な物に触れていきたいですね。いいものを作るために、素晴らしい方々が作る素晴らしい作品に、たくさん触れていたい。

ベイマックス。本当に素晴らしい作品でした。制作に携わった全ての方々にありがとうございますを言いたい。

…ステマじゃないよ?(´・ω・`)
こんなとこで絶賛してもステマにならんか(´ω`*)

とまぁ、自分の芸術への感覚の変化を気づかせてくれたベイマックス。


お時間のある方は是非見に行ってみて下さい。子ども向けの映画やと思ってたら泣かされますよ( ゚Д゚)

座長でした(´ω`*)



PR

2015/01/19 竹崎 Comment(0)

COMMENT

COMMENT FORM

NAME
MAIL
WEB
TITLE
COMMENT
PASSWORD

最新記事
 
(02/19)
(02/06)
(02/01)
(01/26)
(01/20)
 
 
最新コメント
 
[06/28 まお]
[06/24 あなたの妹②ですよ!笑]
[06/16 かたにゃん]
 
 
カテゴリー
 
 
 
リンク
 
 
 
RSS
 
 
 
P R